ベニタケ属 不明種(01)

      ベニタケ属不明(01)(39-1).jpg ベニタケ属不明(01)(39-1) (4).jpg ベニタケ属不明(01)(39-1) (1).jpg ベニタケ属不明(01)(39-1) (2).jpg ベニタケ属不明(01)(39-1) (3).jpg        

       

データ

ベニタケ科 Russulaceae ベニタケ属
採集地岩湧山標高700m
学名Russula属
和名ベニタケ属 不明種(01)
環境・発生夏 ブナ科でない広葉樹下の腐葉地で単生
採集年月日2010年6月29日食毒不明
標本あり
概要傘 径13cm、浅杯状、表面湿時粘性あり赤紫色で成熟すると中央部は退色し黄土色にな
  り、周辺は粒状線を表す。表皮は剥ぎやすい。
柄 11×3cm、中位太く中実、表面白色で基部黄土色、しわ状条線あり老成すると縦に
ひび割れる。
ひだ 上生〜離生し密、クリーム色で幅0.9〜1cm。
肉 白色で傘部やや薄く、傘柄とも軟らかく脆い。