モリノフジイロタケ

      モリノフジイロタケ(10-1).jpg モリノフジイロタケ(10-1) (1).jpg モリノフジイロタケ(10-1) (3).jpg モリノフジイロタケ(10-1) (2).jpg モリノフジイロタケ(10-1) (4).jpg    

       

データ

フウセンタケ科 Cortinariaceae フウセンタケ属
採集地葛城山(和泉)標高800m
学名Cortinarius nemorensis
和名モリノフジイロタケ
環境・発生秋 アカマツ・ヒノキ若木樹下で発生
採集年月日2009年10月18日食毒可食
標本あり
概要傘 径3.5〜7cm、饅頭形〜中高扁平、表面フジ色地に褐色繊維状鱗片を密着し、中央褐
色で成熟につれフジ色退色。
柄 3〜6×上部1cm、基部2cm、下方太く基部肥大し中実〜髄状、表面は淡フジ色、上位
にクモの巣状つばあり、全体に褐色繊維状で基部は白色綿毛状。
ひだ 湾生〜上生後離脱し密、幅1.2cm、フジ色〜鉄さび色。
肉 厚く表皮下やひだとの接する部分は濃紫色、他は白色で基部淡褐色。
胞子紋 鉄さび色。