ハマクサギタマゴタケ

    ミヤマタマゴタケ(13-1).jpg ミヤマタマゴタケ(13-1) (1).jpg ミヤマタマゴタケ(13-1) (2).jpg ミヤマタマゴタケ(13-1) (3).jpg    

       

データ

テングタケ科 Amanitaceae  テングタケ属
採集地河合寺(長野公園)標高150m
学名Amanita sp.
和名ハマクサギタマゴタケ
環境・発生夏〜秋 クヌギ・アラカシ林下に散生
採集年月日2009年7月18日食毒不明
標本あり
概要傘 径9〜17cm、卵形〜饅頭形〜扁平浅皿形、表面白色〜クリーム色、周辺に溝線があ
る、まれに膜質の外被膜大破片を残す。
柄 9〜17×1〜2cm、逆棍棒形で基部に白色厚膜質の大形のつぼに包まれ中空、表面は
白色で綿屑状〜短繊維状鱗片に覆われ、上方に白色膜質つばあり。
ひだ 離生し白色〜乳白色で密、幅1〜1.7cm。
肉 白色で脆い。