ムササビタケ

    ムササビタケ(2-1).jpg ムササビタケ(2-1) (2).jpg ムササビタケ(2-1) (1).jpg ムササビタケ(2-1) (3).jpg    

       

データ

ナヨタケ科 Psathyrellaceae ナヨタケ属   (旧)ヒトヨタケ科 
採集地烏帽子形公園(河内長野市)標高180m
学名Psathyrella piluliformis
和名ムササビタケ
環境・発生春〜秋 広葉樹の朽木に多数群生
採集年月日2009年3月15日食毒可食
標本あり
概要傘 径1〜5cm、半球形〜饅頭形、表面黄褐色〜暗褐色でしばしば放射状のしわと周辺に
   条線あり、乾燥すると傘の中央部の組織間に空気が入って白っぽくなることがある。
柄 2〜5×0.2〜0.4cm、下方へわずかに太まり中空、表面類白色で平滑でもろい。
ひだ 幅0.7〜0.8cmで直生し密、淡灰褐色〜暗褐色。
肉 傘部は表面色で柄は白色で脆い。
胞子紋 帯褐黒紫色。