ツネノチャダイゴケ

ツネノチャダイゴケ(2-1) (1).jpgツネノチャダイゴケ(2-1) (4).jpgツネノチャダイゴケ(2-1) (3).jpgツネノチャダイゴケ(2-1) (2).jpgツネノチャダイゴケ(2-1) (5).jpgツネノチャダイゴケ(2-1) (6).jpg

       

データ

ハラタケ科 Agaricaceae ツネノチャダイゴケ属   (旧)チャダイゴケ科
採集地葛城山(和泉)標高800m
学名Crucibulum laeve
和名ツネノチャダイゴケ
環境・発生秋 スギの落枝葉上で群生
採集年月日2016年10月25日食毒不食
標本あり
概要子実体 幼時球形~コップ形、表面黄土色の細毛密生し、高さ4~6mm、径6~7mm、で
    内部に小塊粒が見える。小塊粒は白色~黄色のレンズ形で径0.8~1.2mm。

最近のブログ記事

チャチヂミタケ  (別名 チャアミヒダタケ)
ツネノチャダイゴケ
ヌメリツバタケ

科目別