チャハリタケ

チャハリタケ(5-1) (1).jpg
チャハリタケ(5-1) (2).jpgチャハリタケ(5-1) (3).jpgチャハリタケ(5-1) (4).jpgチャハリタケ(5-1) (5).jpgチャハリタケ(5-1) (6).jpg

       

データ

マツバハリタケ科 Bankeraceae ニオイハリタケ属   (旧 イボタケ科)
採集地岩湧山標高450m
学名Hydnellum concrescens
和名チャハリタケ
環境・発生秋 アカマツ混じりの広葉樹林下で発生
採集年月日2015年9月14日食毒不食
標本あり
概要傘 径1~3cm。不整円形皿状の偏心性、または扇形で側方に柄がある。表面は
  黄土色~茶色~暗褐色で放射状の繊維紋と環紋がある。しだいに暗褐色になる。
柄 0.5~1.3×0.1~0.5cm。不整円柱形で中実。表面黄土色でしだいに暗褐色。
子実層托 針状で黄土色~褐色~暗褐色となる。
肉 薄く革質で褐色~暗褐色となる。弱い匂いあり。

最近のブログ記事

シロカヤシメジ(仮)
チャハリタケ
スジウチワタケモドキ

科目別