ナガバタケ(別名 クダアナタケ)

クダアナタケ(44-1).jpg
クダアナタケ(44-1) (1).jpgクダアナタケ(44-1) (2).jpgクダアナタケ(44-1) (3).jpg

       

データ

アナタケ科 Schizoporaceae ウスカワタケ属   (旧)タコウキン科
採集地陶器山標高140m
学名Hyphodontia flavipora [Schizopora flavipora]
和名ナガバタケ(別名 クダアナタケ)
環境・発生コナラの枯れ木に発生
採集年月日2010年10月18日食毒不食
標本あり
概要子実体 全背着生で不定形。白色の薄膜が基物表面を覆い、その表面にまだらに
    子実層托を形成し、厚さ0.2~0.5cm。
子実層托 淡橙褐色。孔長1~1.5cm。孔口不整楕円形で3~5個/mm。

最近のブログ記事

ナツノカワムラフウセンタケ(宮内)
ナガバタケ(別名 クダアナタケ)
ザラミノヒトヨタケモドキ

科目別