ハナウロコタケ

    ハナウロコタケ(1-1).jpg ハナウロコタケ(1-1) (1).jpg ハナウロコタケ(1-1) (3).jpg ハナウロコタケ(1-1) (2).jpg    

       

データ

シワタケ科 Merullaceae ハナウロコタケ属   (旧)タチウロコタケ科
採集地陶器山標高140m
学名Stereopsis burtianum
和名ハナウロコタケ
環境・発生夏〜秋 林内地上裸地に群生
採集年月日2009年11月15日食毒不食
標本あり
概要傘 径1〜2cm、漏斗形のほぼ円形で薄い膜質、縁部は歯牙状でしばしば深く切れ込み横
  に癒着する、表面は淡黄色〜淡褐色で中央濃く周辺淡色〜白色で放射状繊維紋と
  不明瞭な環紋がある。
柄 0.3〜0.6×0.1〜0.3cm、中心生で下方へ細まり中実で革質、表面淡褐色〜褐色粉状
子実層托 傘裏で放射状小じわあり白色〜淡褐色。

最近のブログ記事

ナガバタケ(別名 クダアナタケ)
ザラミノヒトヨタケモドキ
ヒトヨタケ

科目別