ボタンイボタケ

    ボタンイボタケ(1-1).jpg ボタンイボタケ(1-1) (1).jpg ボタンイボタケ(1-1) (2).jpg ボタンイボタケ(1-1) (3).jpg    

       

データ

イボタケ科 Thelephoraceae イボタケ属
採集地岩湧山標高350m
学名Thelephora aurantiotincta
和名ボタンイボタケ
環境・発生夏〜秋 コナラ・アカマツ混生林下に発生
採集年月日2009年8月 3日食毒不食
標本あり
概要子実体 高さ5〜8cm、径5〜13cm、基部より扇形〜へら形の傘が多数四方へ広がり、
八重咲きの花状になる、表裏とも橙色〜橙褐色で縁部白色、表面放射状の
小じわ密にある。
子実層托 傘裏面にあり無数の疣がある。
肉 軟革質で表面色を帯び、臭気あり。

最近のブログ記事

サケバタケ
ハタケコガサタケ
スジガサベニヒダタケ(仮)

科目別