ニオイワチチタケ

    ニオイワチチタケ(14-1).jpg ニオイワチチタケ(14-1) (2).jpg ニオイワチチタケ(14-1) (1).jpg ニオイワチチタケ(14-1) (3).jpg    

       

データ

ベニタケ科 Russulaceae チチタケ属
採集地陶器山標高140m
学名Lactarius subzonarius
和名ニオイワチチタケ
環境・発生夏〜秋 ブナ科樹林下に群生(これはトウカエデ林)
採集年月日2009年7月 9日食毒不明
標本あり
概要傘 径2.5〜5cm、饅頭形〜漏斗形、表面粘性なく淡褐色と濃褐色の環紋が交互している
柄 1.5〜3×0.4〜0.7cm、上下同径で髄状〜中空、表面は赤褐色白粉状で縦じわがある
ひだ 垂生し密で淡肉色、傷つけばやや褐色化。
肉 淡肉色でカレー様の匂いある、乳液は白味を帯びた水様。

最近のブログ記事

ナガバタケ(別名 クダアナタケ)
ザラミノヒトヨタケモドキ
ヒトヨタケ

科目別