ハルシメジ(別名 シメジモドキ)

    シメジモドキ(2-1).jpg シメジモドキ(2-1) (1).jpg シメジモドキ(2-1) (2).jpg シメジモドキ(2-1) (3).jpg    

       

データ

イッポンシメジ科 Entolomataceae イッポンシメジ属
採集地その他標高130m
学名Entoloma clypeatum 
和名ハルシメジ(別名 シメジモドキ)
環境・発生春 梅林下に散生 <荒山公園>(堺市)
採集年月日2009年4月19日食毒可食
標本あり
概要傘 径3〜6cm、饅頭形からのち開いて中高の平らとなる、幼時から縁部凸凹あり、
   表面は粘性なく淡灰褐色、全面繊維条紋を表す。
柄 4〜8×1〜1.9cm、下方やや太く中実〜髄状、白色〜淡灰褐色の縦の条線があり<br> のち鱗片条にめくれるのもある。
ひだ 上生〜湾生のち離脱しやや疎、幅6〜内外で縁部は鋸歯状、白色のち肉色。
肉 白色で粉臭味。
胞子紋 淡紅褐色。

※ ハルシメジはウメハルシメジとなり学名もEntoroma clypeatusはEntoroma sepium
  に変更になりました。

最近のブログ記事

ザラミノヒトヨタケモドキ
ヒトヨタケ
サケバタケ

科目別