ニセヒメチチタケ(1)

    ニセヒメチチタケ(2-1).jpg ニセヒメチチタケ(2-1) (1).jpg ニセヒメチチタケ(2-1) (2).jpg ニセヒメチチタケ(2-1) (3).jpg    

       

データ

ベニタケ科 Russulaceae チチタケ属
採集地陶器山標高140m
学名Lactarius camphorates
和名ニセヒメチチタケ(1)
環境・発生春〜秋 広葉樹腐朽木または地上から発生
採集年月日2009年4月18日食毒不明
標本あり
概要傘 径1〜2cm、表面粘性なし、紫褐色〜濃赤褐色で白い粉状繊維に覆われ、中心には
   通常小突起がある、縁部は幼時内側に巻き、成長して中高浅杯形になる。
柄 1〜2.5×0.2〜0.4cm、上下同径で中空、表面は白い粉状で傘と同色。
ひだ 垂生し密で肉色〜暗褐色。
肉 淡赤褐色で無味無臭、乳液は乳白色。

最近のブログ記事

ヒカゲシビレタケ
シロソウメンタケ
シロスズメノワン