チウロコタケ

    チウロコタケ(4-1).jpg チウロコタケ(4-1) (2).jpg チウロコタケ(4-1) (1).jpg チウロコタケ(4-1) (4).jpg チウロコタケ(4-1) (3).jpg    

       

データ

ウロコタケ科 Stereaceae キウロコタケ属
採集地陶器山標高140m
学名Stereum gausapatum
和名チウロコタケ
環境・発生サクラの枯木上に発生
採集年月日2009年3月10日食毒不食
標本あり
概要子実体 半背着生で革質。
傘 幅1〜2cmの半円形〜貝殻状、扇形で縁部波打つ、表面は粗毛密生し放射状の
しわあり、黄褐色〜暗褐色の濃淡による環紋がある。
子実層托 灰褐色〜黄褐色で傷つけると血の滲むように暗赤褐色汁をだす、乾燥
       すると暗褐色化。

最近のブログ記事

ザラミノヒトヨタケモドキ
ヒトヨタケ
サケバタケ

科目別