ケショウシロハツ

ケショウシロハツ (55-1)(1).jpgケショウシロハツ (55-1)(3).jpgケショウシロハツ (55-1)(2).jpgケショウシロハツ (55-1)(5).jpgケショウシロハツ (55-1)(4).jpg

       

データ

ベニタケ科 Russulaceae チチタケ属
採集地岩湧山標高550m
学名Lactarius controversus
和名ケショウシロハツ
環境・発生秋 広葉樹下で発生
採集年月日2016年10月12日食毒不明
標本あり
概要傘 径8.5cm、中央窪む饅頭形~漏斗形で縁部永く強く内巻き、表面乳白色で環紋あり、
  淡赤紫色のしみ状斑点らある。 柄 3.5×1.5cm、円柱状で中空、表面傘同様。
ひだ 垂生しやや疎でクリーム色、叉状分岐し小ひだあり、幅4mmで傷口から淡白汁を
   少量分泌し、傷口は淡赤褐色になる。
肉 白色で質硬く白汁を分泌し強い辛味あり無臭。

最近のブログ記事

カニノツメ
ケショウシロハツ
キソウメンタケ

科目別