カンゾウタケ

カンゾウタケ(1-1) (1).jpgカンゾウタケ(1-1) (5).jpgカンゾウタケ(1-1) (6).jpgカンゾウタケ(1-1) (2).jpgカンゾウタケ(1-1) (3).jpgカンゾウタケ(1-1) (4).jpg

       

データ

カンゾウタケ科 Fistulinaceae カンゾウタケ属
採集地烏帽子形公園(河内長野市)標高180m
学名Fistulina hepatica
和名カンゾウタケ
環境・発生梅雨時 シイの根際で発生
採集年月日2016年7月14日食毒可食
標本あり
概要子実体 へら形。
傘 径8×6.5cm。表面湿潤で赤褐色の繊維状紋。(成菌時)
管孔 孔長4mm、黄白色でパイプ状のものが多数集合し形成される。
   孔口4個/mm、黄白色で触れると褐色変。
肉 断面は暗赤色と類白色の縞模様で赤い汁を含む。

最近のブログ記事

アミヒラタケ
カンゾウタケ
ウスフジチチタケ(仮)?

科目別