イロガワリベニタケ?

イロガワリベニタケ(52-1) (2).jpg
イロガワリベニタケ(52-1) (1).jpgイロガワリベニタケ(52-1) (3).jpgイロガワリベニタケ(52-1) (4).jpg

       

データ

ベニタケ科 Russulaceae ベニタケ属
採集地陶器山標高140m
学名Russula rubescens
和名イロガワリベニタケ
環境・発生夏~秋 コナラ・クヌギ・アラカシ樹下で散生
採集年月日2015年9月28日食毒不明
標本あり
概要傘 径2.5~6.5cm。饅頭形~杯状、表面朱赤色に黄色の班状、傷や老成で黒色変。
柄 3~5×0.9~1.4cm。円柱形~下方に細く髄状、表面白色でしわ状条線あり。
  触れると黒ずむ。
ひだ 離生し密で脈絡あり。白色~傷つくと黒変。
肉 白色で脆く褐色変~黒変。

※ 子実体は老成し傷んでいたので顕著な黒色変は見られませんでした。

最近のブログ記事

アカモミタケ
アンプリストロマ属菌
カニノツメ

科目別