アミガサホウライタケ

アミガサホウライタケ(58-2) (2).jpg
アミガサホウライタケ(58-2) (6).jpgアミガサホウライタケ(58-2) (8).jpgアミガサホウライタケ(58-2) (4).jpgアミガサホウライタケ(58-2) (7).jpg

       

データ

ホウライタケ科 Marasmiaceae ホウライタケ属   (旧 キシメジ科)
採集地陶器山標高140m
学名Marasmius brunneospermus Har.Takah.
和名アミガサホウライタケ
環境・発生夏 林内落葉堆積地で群生
採集年月日2015年7月11日食毒不明
標本あり
概要傘 径1.2~5cm。初め半円球形で少し内側に巻く~饅頭形。表面中央部は不規則な
  網目状で淡黄土色~淡黄色。湿時周縁に条線を表す。
柄 3~9×0.2~0.8cm。上下同径で中空。表面傘と同色で粉状、基部に白色綿状
  菌糸付着し基物の間に菌糸マット形成。
ひだ 上生~湾生しやや疎、クリーム色で小ひだあり、弱い連絡脈ある。
肉 傘中央部以外薄く淡黄白色。
胞子紋 白色。

最近のブログ記事

キツバフウセンタケ
アミガサホウライタケ
クロゲシジミタケ

科目別