キオビフウセンタケ

キオビフウセンタケ(36-1) (1).jpg
キオビフウセンタケ(36-1) (5).jpgキオビフウセンタケ(36-1) (2).jpgキオビフウセンタケ(36-1) (3).jpgキオビフウセンタケ(36-1) (4).jpgキオビフウセンタケ(36-1)(6).jpg

       

データ

フウセンタケ科 Cortinariaceae フウセンタケ属
採集地陶器山標高140m
学名Cortinarius trimphans
和名キオビフウセンタケ
環境・発生秋 コナラ林で散生
採集年月日2013年11月14日食毒不明
標本あり
概要傘 径4.5~8cm、丸山形~饅頭形~扁平で初め永く縁部内巻き。表面黄土色~灰褐色。
柄 7~9×1~1.8cm、逆棍棒形で中実~髄状。表面紫褐色地に白色繊維状で上位~下位に
  内外被膜破片が数段不完全つばとして付着。
ひだ 直生~湾生しやや疎~やや蜜で縁部鋸歯状。幅0.8cmでニッケイ色。
肉 傘部厚く柄の中心部軟質で灰褐色。
胞子紋 鉄さび色。

最近のブログ記事

キクモンクヌギタケ
キオビフウセンタケ
アカダマタケ

科目別