オニタケ

オニタケ(19-1) (1).jpg
オニタケ(19-1) (2).jpgオニタケ(19-1) (3).jpgオニタケ(19-1) (4).jpgオニタケ(19-1) (5).jpgオニタケ(19-1)(6).jpg

       

データ

ハラタケ科 Agaricaceae オニタケ属
採集地陶器山標高140m
学名Echinoderma aspera
和名オニタケ
環境・発生秋 林内腐植地に発生
採集年月日2012年10月 2日食毒可食
標本あり
概要傘 径5cm、半球形~鐘状~中高扁平。表面黄褐色で暗褐色錐状の小突起を散布し脱落
  し易い。
柄 6~8×0.8~0.9cm、円柱形で基部肥大もあり中空。表面上位に白色膜質つばあり、
  その上方は白色平滑。つばより下方黄褐色鱗片が下方ほど蜜。
ひだ 白色で分岐し蜜。幅3mm。
肉 白色で薄く、臭気あり。
胞子紋 白色。

※可食だが要注意。

最近のブログ記事

ウスムラサキフウセンタケ
オニタケ
クロベニヒダタケ