キッコウアワタケ

キッコウアワタケ(56-1) (1).jpg
キッコウアワタケ(56-1) (2).jpgキッコウアワタケ(56-1) (3).jpgキッコウアワタケ(56-1) (4).jpgキッコウアワタケ(56-1) (6).jpgキッコウアワタケ(56-1)(7).jpg

       

データ

イグチ科 Boletaceae アワタケ属
採集地陶器山標高140m
学名Xerocomus chrysenteron
和名キッコウアワタケ
環境・発生夏 カシ樹下にて単生
採集年月日2012年6月27日食毒可食
標本あり
概要傘 径9cm、ほぼ扁平、暗褐色~灰褐色でしばしばひび割れが生じる。
柄 7×2~3.7cm、下方に細くなり基部尖り中実。表面は淡黄色地で頂部はレモン黄色で
  その下は赤褐色~灰褐色の繊維紋で細鱗片状になる。
管孔 垂生し黄色~オリーブ黄色。孔長0.5mm前後。孔口は多角形で0.5~1.5cm。
   わずかに青変する。
肉 厚く充実。表皮下表面色で傘部は淡黄色、柄部は白色。わずかに青変あり。
  弱い臭気ある。
胞子紋 オリーブ褐色。