アンズタケの仲間(1)

アンズタケの仲間(1)(2-1).jpg
アンズタケの仲間(1)(2-1) (1).jpgアンズタケの仲間(1)(2-1) (3).jpgアンズタケの仲間(1)(2-1) (2).jpg

       

データ

アンズタケ科 Cantharellaceae アンズタケ属
採集地烏帽子形公園(河内長野市)標高180m
学名Cantharellus 属
和名アンズタケの仲間(1)
環境・発生夏 シイ林下で群生
採集年月日2009年7月31日食毒不明
標本なし
概要傘 径2~6cm、不整円形で饅頭形~扁平~浅く窪みまた深く窪む、縁部不規則に波打ち
  ときに溝線がある。表面くすんだ黄色。
柄 3~5×1~2cm、上下同径か下に太くまたは細く髄状~空洞状。表面白地に黄色の粉状
  で上部ほど濃い。
子実層 垂生しやや疎。放射状しわひだ、ひだとの間が細かい網目状で連結する。
    灰白色でしわひだ幅0.4~0.7cm。ひだは黄色で縁どられる。
肉 白色で少し苦味あり。

※ アンズタケの違いは色がくすんでいるのと、柄が黄色の粉状で太く、ひだは灰白色で
  黄色の縁取りがある。

最近のブログ記事

アミガサホウライタケ
クロゲシジミタケ
クサハリタケ

科目別