クリフウセンタケ(別名 ニセアブラシメジ)

        クリフウセンタケ(21-1).jpg クリフウセンタケ(21-1) (1).jpg クリフウセンタケ(21-1) (2).jpg クリフウセンタケ(21-1) (3).jpg クリフウセンタケ(21-1) (4).jpg クリフウセンタケ(21-1) (5).jpg    

       

データ

フウセンタケ科 Cortinariaceae フウセンタケ属
採集地岩湧山標高400m
学名Cortinarius tenuipes (Hongo) Hongo
和名クリフウセンタケ(別名 ニセアブラシメジ)
環境・発生秋 コナラのある雑木林下に発生
採集年月日2010年10月16日食毒可食
標本あり
概要傘 径3〜5cm、饅頭形〜やや中丘扁平、表面湿時粘性あり、黄褐色繊維状。周辺に白色
  絹糸状被膜破片付着するが消失しやすい。
柄 4.5〜7.5×0.9cm、上下同径で中実〜髄状または一部中空、表面白色のち多少粘土
  色繊維密。上位に綿毛状つばあり。
ひだ 直生〜上生し白色〜淡ニッケイ色で密。幅0.3cm。
肉 白色で表皮下表面色を帯び、ほとんど無味無臭。

最近のブログ記事

コブリビロードツエタケ
アマタケ
キアシウラベニガサ(吉見仮)

科目別