オオノウタケ

      オオノウタケ(6-1).jpg オオノウタケ(6-1) (1).jpg オオノウタケ(6-1) (3).jpg オオノウタケ(6-1) (2).jpg オオノウタケ(6-1) (4).jpg    

       

データ

ハラタケ科 Agaricaceae ノウタケ属   (旧)ホコリタケ科
採集地陶器山標高140m
学名Calvatia bpninensis S. Ito et Imai
和名オオノウタケ
環境・発生秋 広葉樹林下腐葉枝堆積地で発生
採集年月日2010年10月10日食毒可食
標本あり
概要子実体 径10〜16cm、高さ10〜14cm、洋ごま形の頭部と逆円錐形の無性基部に区分
    できる。
頭部 表面は帯紫褐色で不規則な大小しわが生じ、外皮は微細な刺からなり剥落性。
   内皮は茶褐色。
基本体 内皮に包まれ、幼時白色ハンペン状〜黄褐色となり、褐色古綿状胞子塊となる。
無性基部 胞子放散後も永く残る。
食毒 可食だが幼時の白色ハンペン状のときだけ。

最近のブログ記事

コブリビロードツエタケ
アマタケ
キアシウラベニガサ(吉見仮)

科目別