オオミノモリハラタケ(仮)

        オオミノモリハラタケ(17-1).jpg オオミノモリハラタケ(17-1) (1).jpg オオミノモリハラタケ(17-1) (2).jpg オオミノモリハラタケ(17-1) (3).jpg オオミノモリハラタケ(17-1) (4).jpg オオミノモリハラタケ(17-1) (5).jpg

       

データ

ハラタケ科 Agaricaceae ハラタケ属
採集地丸山(長野公園)標高200m
学名Agaricus sp.
和名オオミノモリハラタケ(仮)
環境・発生秋 広葉樹林内腐葉上に群生
採集年月日2010年10月 7日食毒不食
標本あり
概要傘 径3.5〜4.5cm、円錐形〜扁平〜浅皿状、表面粘性なく褐色の表皮が成熟につれ鱗片
  化する。
柄 4.3〜6×0.6〜0.8cm、基部1.2〜1.6cm、逆棍棒形で基部肥大し中空、表面初め繊維
  状〜平滑、白色〜帯黄土白色、上位に白色膜質つば垂下し、基部に菌糸束付着する。
ひだ 隔生し極密、類白色〜帯紫褐色で幅0.4〜0.5cm。
肉 白色で傷口淡く赤変する。
胞子紋 暗紫褐色。

最近のブログ記事

コブリビロードツエタケ
アマタケ
キアシウラベニガサ(吉見仮)

科目別