ウズハツ

ウズハツ(45-1).jpg ウズハツ(45-1) (1).jpg ウズハツ(45-1) (2).jpg ウズハツ(45-1) (3).jpg

ウズハツ(45-1) (4).jpgウズハツ(45-1) (5).jpg        

データ

ベニタケ科 Russulaceae チチタケ属
採集地陶器山標高140m
学名Lactarius violascens
和名ウズハツ
環境・発生秋 コナラ林にて群生
採集年月日2010年10月29日食毒不明
標本あり
概要傘 径3〜7cm、中央窪む扁平〜杯状で偏心あり、表面粘性で、黄土褐色の濃淡で環紋を
  なし、触れた部分は紫色のしみ化。
柄 2.6〜5×0.8〜1.3cm、円柱形や下方に細まり、または逆こん棒状などで、やや偏圧も
  あり中空、表面傘より淡色で小じわ条線やクレータ状がみられる。
ひだ 垂生し密、柄ちかくで叉状分岐あり。白色〜黄土褐色で傷は白汁を分泌し紫色の
   しみになる。
肉 白色で硬く、白汁を分泌し紫色変。無味無臭。
胞子紋 白色。

最近のブログ記事

コブリビロードツエタケ
アマタケ
キアシウラベニガサ(吉見仮)

科目別