アシナガトマヤタケ

アシナガトマヤタケ(4).jpg アシナガトマヤタケ.jpg アシナガトマヤタケ (1).jpg アシナガトマヤタケ (3).jpg        

データ

アセタケ科 Inocybaceae アセタケ属   (旧)フウセンタケ科
採集地陶器山標高140m
学名Inocybe acutata T. Kobayashi & Nagasawa
和名アシナガトマヤタケ
環境・発生夏〜秋 林内路傍の砂地から発生(あまの街道)
採集年月日2007年6月20日食毒不明
標本なし
概要傘 径0.8〜1.5cm、鐘形〜市女笠状、表面暗褐色で繊維状。
柄 5〜7×0.1〜0.2cm、上下同径で中空、表面傘と同じく圧着した繊維状。
ひだ 上生〜離生状でやや疎、白色〜帯褐色。
肉 極薄く白色で表面色を帯びる。

最近のブログ記事

キアシウラベニガサ(吉見仮)
アシナガイタチタケ
クロシワオキナタケ