ウラムラサキ

ウラムラサキ(2).jpgウラムラサキ(1).jpgウラムラサキ.jpg


       

データ

ヒドナンギウム科 Hydnangiaceae キツネタケ属   (旧)キシメジ科
採集地陶器山標高140m
学名Laccaria amethystea
和名ウラムラサキ
環境・発生夏〜秋 林内地上に群生
採集年月日2012年7月14日食毒可食
標本あり
概要傘 径1.5〜3cm、饅頭形〜扁平〜中央へそ状に窪み縁部波打つ。表面紫色で平滑、溝
   線あり。乾くと淡黄褐色となる。
柄 3〜6×0.2〜0.5cm、やや上下同径で中実〜髄状、表面紫色で繊維状紋あり。
ひだ 直生〜垂生で疎、幅0.25cmで紫色。
肉 薄く淡紫褐色。

最近のブログ記事

コブリビロードツエタケ
アマタケ
キアシウラベニガサ(吉見仮)

科目別