オウギタケ

    オウギタケ(1-1).jpg オウギタケ(1-1) (1).jpg オウギタケ(1-1) (2).jpg オウギタケ(1-1) (3).jpg    

       

データ

オウギタケ科 Gomphidiaceae オウギタケ属
採集地葛城山(和泉)標高800m
学名Gomphidius roseus
和名オウギタケ
環境・発生秋 アカマツ林樹下でアミタケと混生
採集年月日2009年10月18日食毒可食
標本あり
概要傘 径2.5〜4.5cm、饅頭形〜扁平で縁部永く内巻く、表面ゼラチン質で湿時強粘性、淡紅
褐色で古くなると黒いしみが生じる。
柄 3〜5×0.7〜1cm、下方細く紡錘形で中実〜髄状、表面の上位は白色綿毛状不完全
つばあり(胞子が落ちて黒くなる)、その下は白色、中位から淡紅色で基部帯黄色。
ひだ 垂生し疎で白色〜灰色、幅0.4〜0.5cm、傷口黒変する。
肉 白色〜帯紅白色、表皮下は表面色を帯び柄の下方は帯黄色。

最近のブログ記事

アカモミタケ
アンプリストロマ属菌
カニノツメ

科目別