ウラベニホテイシメジ

    ウラベニホテイシメジ(11-1).jpg ウラベニホテイシメジ(11-1) (3).jpg ウラベニホテイシメジ(11-1) (1).jpg ウラベニホテイシメジ(11-1) (2).jpg    

       

データ

イッポンシメジ科 Entolomataceae イッポンシメジ属
採集地陶器山標高140m
学名Entoloma sarcopum Nagasawa & Hongo
和名ウラベニホテイシメジ
環境・発生秋 コナラ林下に単生〜散生
採集年月日2009年10月16日食毒可食
標本あり
概要傘 径6〜10cm、円錐形〜中高扁平に開く、表面粘性なく平滑で暗灰褐色、周辺淡く放射
条の白色絹糸状繊維で薄く覆われる、しばしば指先で押したような斑紋が見られる。
柄 11〜15×2.5〜3.5cm、逆棍棒形〜円柱形で中実、表面は白色で条線生じる。
ひだ 直生状湾生〜離脱しやや疎〜やや密、幅0.7〜1.1cm、汚白色〜淡紅褐色で縁部
不規則な凸凹がある。
肉 傘中央厚く白色で表皮下表面色を帯びる。

最近のブログ記事

コブリビロードツエタケ
アマタケ
キアシウラベニガサ(吉見仮)

科目別