キツネノカラカサ(?)

    キツネノカラカサ(8-1).jpg キツネノカラカサ(8-1) (1).jpg キツネノカラカサ(8-1) (2).jpg キツネノカラカサ(8-1) (3).jpg    

       

データ

ハラタケ科 Agaricaceae キツネノカラカサ属
採集地陶器山標高140m
学名Lepiota cristata
和名キツネノカラカサ
環境・発生夏〜秋 林内の腐葉上に発生
採集年月日2009年8月 7日食毒不食
標本あり
概要傘 径2.5cm、円錐形〜中高扁平、表面はクリ褐色〜橙褐色の表皮が成熟につれ縁部よ
り細鱗片化し白い地肌を表す。
柄 4×0.3cm、下方やや太く基部肥大し中空、表面は傘と同色の細鱗片を下ほど密にまと
 い、上部に消失し易い膜質のつばあり、基部末端に白色菌糸束をつ
   ける。
ひだ 離生しやや密で白色〜クリーム色、幅0.3cm。
肉 白色または帯赤褐色。
※ キツネノカラカサモドキか不明。

最近のブログ記事

アンプリストロマ属菌
カニノツメ
ケショウシロハツ

科目別