ウスムラサキハツ

    ウスムラサキハツ(33-1).jpg ウスムラサキハツ(33-1) (1).jpg ウスムラサキハツ(33-1) (2).jpg ウスムラサキハツ(33-1) (3).jpg    

       

データ

ベニタケ科 Russulaceae ベニタケ属
採集地陶器山標高140m
学名Russula lilacea
和名ウスムラサキハツ
環境・発生夏〜秋 クヌギ・コナラ樹下に単生・群生
採集年月日2009年8月 5日食毒可食
標本あり
概要傘 径4.5〜5cm、饅頭形〜中央窪んだ扁平、表面湿時粘性あり、中央暗紫紅色で周辺
淡く、明瞭な粒状線があり、粒状線と粒状線の間が放射状に裂けて白い肉をみせる。
柄 3〜4×0.7〜0.9cm、上下同径か中位太く下方細まり髄状〜中空、表面白色で一部
淡紅色を帯び条線がある。
ひだ 離生し白色で密、幅0.4〜0.5cm。
肉 薄く軟質で白色。