コタマゴテングタケモドキ(仮)

    コタマゴテングタケモドキ(24-1).jpg コタマゴテングタケモドキ(24-1) (1).jpg コタマゴテングタケモドキ(24-1) (2).jpg コタマゴテングタケモドキ(24-1) (3).jpg    

       

データ

テングタケ科 Amanitaceae
採集地陶器山標高140m
学名Amanita sp.
和名コタマゴテングタケモドキ(仮)
環境・発生夏〜秋 コナラ樹下に単生
採集年月日2009年8月 5日食毒不明
標本あり
概要傘 径3.5cm、半球形〜丘状〜扁平、表面は湿時弱粘性で淡黄色〜帯褐黄色〜褐色と
変色し周辺淡い、全面に灰褐色粒状いぼを散布。
柄 5×0.8cm、逆棍棒形で基部球根状となり末端やや尖り中実、表面傘と同色で変色も
同じ上位に淡黄色で縁部褐色の膜質つばを垂下し、肥大基部に粉粒状つぼあり
ひだ 離生し密で白色、幅0.4cm。
肉 白色で傷や老成で赤褐色を帯びる。

最近のブログ記事

キアシウラベニガサ(吉見仮)
アシナガイタチタケ
クロシワオキナタケ

科目別