カバイロコナテングタケ

    カバイロコナテングタケ(21-1).jpg カバイロコナテングタケ(21-1) (1).jpg カバイロコナテングタケ(21-1) (2).jpg カバイロコナテングタケ(21-1) (3).jpg    

       

データ

テングタケ科 Amanitaceae
採集地烏帽子形公園(河内長野市)標高180m
学名Amanita rufoferruginea Hongo
和名カバイロコナテングタケ
環境・発生夏 コナラ林下に単生
採集年月日2009年7月31日食毒有毒
標本あり
概要傘 径3.5cm(5〜9cm)、半球形〜饅頭形〜扁平、表面粘性なく、明るい帯褐橙色で、
同色の粉質物に覆われ、成熟すると縁部に溝線を表す。
柄 5cm(9〜12cm)、逆棍棒形で基部は球根状となり中空、表面傘同様の粉質物に覆わ
れ、上位に白色膜質の条線のあるつばがあり、つぼは粉質物と区別困難。
肉 薄く白色。