ケシロハツモドキ

ケシロハツモドキ(26-1).jpg ケシロハツモドキ(26-1) (1).jpg ケシロハツモドキ(26-1) (2).jpg ケシロハツモドキ(26-1) (3).jpg        

データ

ベニタケ科 Russulaceae
採集地陶器山標高140m
学名Lactarius subvellereus
和名ケシロハツモドキ
環境・発生夏〜秋 アラカシ樹下に発生
採集年月日2009年7月23日食毒有毒
標本あり
概要傘 径2.5〜8.5cm、中央窪む饅頭形〜漏斗形で縁部永く強く内巻き、表面は微毛に覆わ
れビロード状で白色、のち帯黄色〜帯褐色の汚班を生じる。
柄 2.5〜5×1〜2cm、短く太く中実〜髄状、表面は傘同様。
ひだ 直生〜やや垂生し密で幅狭く0.2cm、叉状分岐し白色〜淡クリーム色、傷は淡黄色
変する。
肉 白色で硬くしまり激辛、断面は淡黄色変し、多量の白汁を分泌し白色〜淡クリーム
色変。