アオゾメツチカブリ

    アオゾメツチカブリ(22-1).jpg アオゾメツチカブリ(22-1) (2).jpg アオゾメツチカブリ(22-1) (1).jpg アオゾメツチカブリ(22-1) (3).jpg    

       

データ

ベニタケ科 Russulaceae チチタケ属
採集地丸山(長野公園)標高180m
学名Lactarius glaucescens
和名アオゾメツチカブリ
環境・発生夏〜秋 クヌギ林下に単生
採集年月日2009年7月18日食毒有毒
標本あり
概要傘 径6cm、中央窪む饅頭形〜漏斗形、表面ほぼ平坦で白色のち汚黄土色のしみを生じ
る。
柄 7×1cm、上下同径で中実、表面傘と同色で粗面。
ひだ 離生し密で白色〜乳白色、幅0.2cm、傷口の白汁が時間をおいて灰緑色に変わる。
肉 白色で硬く断面の変色なく、多量の白汁を分泌し、ひだと同じく時間をおいて灰緑色に
変わる。