ウスキモリノカサ

    ウスキモリノカサ(4-1).jpg ウスキモリノカサ(4-1) (3).jpg ウスキモリノカサ(4-1) (1).jpg ウスキモリノカサ(4-1) (2).jpg    

       

データ

ハラタケ科 Agaricaceae ハラタケ属
採集地烏帽子形公園(河内長野市)標高180m
学名Agaricus abruptibulbus
和名ウスキモリノカサ
環境・発生夏〜秋 広葉樹林や竹林などの腐葉の多い所(これはシイ林)
採集年月日2009年7月11日食毒可食
標本あり
概要傘 径3.5〜7cm、球形〜饅頭形〜扁平で縁部に内被膜残片付着、表面は粘性なく絹状
繊維で白色〜淡帯黄色。
柄 7〜10×1〜1.3cm、下方やや太く基部は急に塊茎状に膨らみ中空、表面は傘と 同色
で上位に白色 膜質つばを垂下し下方は綿屑状で手で触れると淡黄色になる。
ひだ 隔世し密、白色〜帯紅色〜紫褐色。
肉 白色で傷口は黄変する。