イロガワリキヒダタケ

イロガワリキヒダタケ(14-1)(4).jpg    イロガワリキヒダタケ(14-1).jpg イロガワリキヒダタケ(14-1) (3).jpg イロガワリキヒダタケ(14-1) (1).jpg イロガワリキヒダタケ(14-1) (2).jpg    

       

データ

イグチ科 Boletaceae キヒダタケ属
採集地烏帽子形公園(河内長野市)標高180m
学名Phylloporus bellus (Massee) Corner var.cyanescens Corner
和名イロガワリキヒダタケ
環境・発生夏〜秋 アラカシ・コナラ樹下に発生
採集年月日2009年7月11日食毒有毒
標本あり
概要傘 径2〜4cm、低饅頭形〜扁平に開き逆円錐形となる、表面は褐色〜黄褐色ビロード状
   痛んだ所は暗赤褐色〜ほぼ黒色になる。
柄 3〜4cm、上下同径か下に細まり中実、表面は上方にひだに連なる稜線があり、黄色
地に上方赤褐色の細鱗片状、基部の菌糸は淡黄色。
ひだ 長く垂生し鮮黄色〜オリーブ褐色。
肉 傘部厚く白色〜淡黄色、ときに表面色を帯びる。
胞子紋 オリーブ褐色。