アメリカウラベニイロガワリ

    ケンロクウラベニイロガワリ(12-1).jpg ケンロクウラベニイロガワリ(12-1) (1).jpg ケンロクウラベニイロガワリ(12-1) (2).jpg ケンロクウラベニイロガワリ(12-1) (3).jpg    

       

データ

イグチ科 Boletaceae イグチ属
採集地烏帽子形公園(河内長野市)標高180m
学名Boletus subvelutipes
和名アメリカウラベニイロガワリ
環境・発生夏~秋 アラカシ・コナラ林下に群生
採集年月日2009年7月11日食毒可食
標本あり
概要傘 径6.5〜12cm、饅頭形〜扁平、表面湿時粘性あり、黄褐色〜橙褐色でビロード状、
老成して暗褐色〜黒褐色になる。
柄 8〜11×2〜2.3cm、上下同径か下に太く中実、表面黄色地に上部は橙黄色細粒を
密布し、中以下は赤褐色〜赤紫色細粒を密布して、基部は黄白色の菌糸をまとう、
触ると濃青変する。
管孔 離生し孔長0.6〜2cmでオリーブ黄色、孔口は赤橙色で円形2個/mm、傷つけば
直ちに濃青変する。
肉 傘部厚く淡黄色、柄部は黄色、傷口は直ちに濃青変する。青変後退色し灰色化。

最近のブログ記事

ウスフジチチタケ(仮)?
カイメンタケ
ウスチャフウセンタケ(仮)

科目別