クリイロニガイグチ

    クリイロニガイグチ(11-1).jpg クリイロニガイグチ(11-1) (1).jpg クリイロニガイグチ(11-1) (2).jpg クリイロニガイグチ(11-1) (3).jpg    

       

データ

イグチ科 Boletaceae ニガイグチ属
採集地烏帽子形公園(河内長野市)標高180m
学名Tylopilus castanoides Har.Takahashi
和名クリイロニガイグチ
環境・発生夏〜秋 コナラ林下に発生
採集年月日2009年7月11日食毒不食
標本あり
概要傘 径3〜9cm、饅頭形〜扁平〜浅皿状で波打つ、表面粘性なく微毛状でクリ褐色。
柄 5〜9×1〜1.8cm、逆棍棒形で中実、表面傘と同色で浅い条溝があるが網目は無い。
根元は類白色の密綿毛状菌糸体に覆われている。
管孔 直生〜上生(柄の周囲において陥入)、孔長4mm以上で白色〜淡赤褐色、孔口も
同色で類円形3個/mm。
肉 厚くしまり白色、空気に触れるとしだいに淡赤褐色を帯びる。

最近のブログ記事

ウスフジチチタケ(仮)?
カイメンタケ
ウスチャフウセンタケ(仮)

科目別