キイロイグチ

      キイロイグチ(8-1).jpg キイロイグチ(8-1) (1).jpg キイロイグチ(8-1) (2).jpg キイロイグチ(8-1) (3).jpg キイロイグチ(8-1) (4).jpg

       

データ

イグチ科 Boletaceae キイロイグチ属
採集地陶器山標高140m
学名Pulveroboletus ravenelii
和名キイロイグチ
環境・発生コナラ・トウカエデ樹下に発生
採集年月日2009年7月 9日食毒可食
標本あり
概要傘 径4〜6cm、饅頭形で表面はレモン色の綿状粉質物に覆われ、手に付着する、
レモン色〜中央より褐色を帯びる。
柄 4〜6×1〜1.4cm、上下同径で中実、表面は傘同様で上方にレモン色のクモの巣状の
消失しやすいつばがあり、下方は繊維状。
管孔 離生し淡黄色〜暗褐色で孔長0.6cm、孔口も同色で角形2個/mm、傷口は弱く青変
する。
肉 傘部は白色で厚く、柄部は黄色で下部は帯橙黄色、傷口弱く青変する。
胞子紋 オリーブ褐色。