クロハツモドキ

    クロハツモドキ(13-1).jpg クロハツモドキ(13-1) (1).jpg クロハツモドキ(13-1) (2).jpg クロハツモドキ(13-1) (3).jpg    

       

データ

ベニタケ科 Russulaceae ベニタケ属
採集地陶器山標高140m
学名Russula densifolia
和名クロハツモドキ
環境・発生夏〜秋 広葉樹(トウカエデ)林下で群生
採集年月日2009年7月 9日食毒有毒
標本あり
概要傘 径2.2〜10cm、中央窪む饅頭形〜漏斗形、表面は汚白色〜灰褐色〜黒褐色で平滑、
   湿時少し粘性あり触れると黒ずむ。
柄 1.7〜5×0.5〜2cm、ほぼ円柱形で髄状、傘面より淡く、触れると黒ずむ。
ひだ 離生し密で幅0.3〜0.5cm、白色〜黒ずむ、傷つくと褐色変〜黒変。
肉 白色で断面は黒色変。
※ 断面は赤変して黒変するとあるが赤変は見られなかった。