イロガワリシロカラカサタケ

    イロガワリシロカラカサタケ(2-1).jpg イロガワリシロカラカサタケ(2-1) (1).jpg イロガワリシロカラカサタケ(2-1) (2).jpg イロガワリシロカラカサタケ(2-1) (3).jpg    

       

データ

ハラタケ科 Agaricaceae カラカサタケ属
採集地陶器山標高140m
学名Macrolepiota alborubescens (Hongo) Hongo
和名イロガワリシロカラカサタケ
環境・発生夏〜秋 草地にて単生
採集年月日2009年7月 8日食毒不明
標本あり
概要傘 径5cm、円錐形〜中高扁平、表面白色〜淡紫褐色表皮が成熟につれて裂けて鱗片化
し、白色繊維状地肌をだす。
柄 4.5×0.5cm、下方へやや肥大し中空、表面白色で平滑、手で触ると黄褐色に変わる、
   上位につばがあり上面は白色、下面は紫褐色。
ひだ 隔世し白色で密、幅0.7cm、傷つくと淡く赤変する。
肉 白色で傷口は赤変する。

最近のブログ記事

コブリビロードツエタケ
アマタケ
キアシウラベニガサ(吉見仮)

科目別