ウチワタケ

    ウチワタケ(36-1).jpg ウチワタケ(36-1) (3).jpg ウチワタケ(36-1) (2).jpg ウチワタケ(36-1) (1).jpg    

       

データ

タコウキン科 Polyporaceae ウチワタケ属   (旧)タコウキン科
採集地丸山(長野公園)標高180m
学名Microporus affinis
和名ウチワタケ
環境・発生夏〜秋 シイ・カシ類の落ち枝上に群生
採集年月日2009年7月 3日食毒不明
標本あり
概要子実体 普通側着生で有柄。
傘 幅2〜4cm、厚さ0.3〜0.5cm、扇形〜腎臓形で扁平鋭縁、多少凸凹あり、表面は
  黄褐色〜暗褐色等の色による環紋顕著で、全面に短毛密生。
柄 0.5〜1×0.3〜0.7cm、基部は円盤状になって基物に付着、表面茶褐色〜暗褐色。
管孔 孔長1〜内外で白色、孔口も同色で微細7〜8個/mm。
肉 白色で硬い革質。

最近のブログ記事

キツバフウセンタケ
アミガサホウライタケ
クロゲシジミタケ

科目別