アワタケ

    アワタケ(2-1).jpg アワタケ(2-1) (1).jpg アワタケ(2-1) (2).jpg アワタケ(2-1) (3).jpg    

       

データ

イグチ科 Boletaceae アワタケ属
採集地陶器山標高140m
学名Xerocomus subtomentosus
和名アワタケ
環境・発生夏〜秋 ブナ科(クヌギ)樹下に発生
採集年月日2009年7月 1日食毒不明
標本あり
概要傘 径5〜12cm、饅頭形〜ほぼ平、表面ビロード状で黄褐色〜帯褐オリーブ色、ときに
ひび割れて黄色の肉を露出する。
柄 6〜12×0.8〜1cm、表面は淡黄色〜淡褐色、しばしば上部においてやや隆起した
縦すじを表す、基部に白い菌糸。
管孔 直生〜上生し鮮黄色〜黄土色、孔長0.5〜0.7cm、孔口角形で径1〜内外で
傷つけば青変する。
肉 傘部厚く類白色で軟質。薄く青変する、柄部は白色〜淡褐色、無味。