オオトガリアミガサタケ

  s-オオトガリアミガサタケ(2-1).jpg s-オオトガリアミガサタケ(2-1) (1).jpg s-オオトガリアミガサタケ(2-1) (2).jpg    

       

データ

アミガサタケ科 Morchellaceae アミガサタケ属
採集地陶器山標高140m
学名Morchella elata
和名オオトガリアミガサタケ
環境・発生春 林内路傍の地上に発生
採集年月日2009年3月27日食毒可食
標本あり
概要子嚢果 高さ14cm、の円錐形の頭部としわ状から基部で溝状の柄からなり隔生型。
頭部 6×2〜3.5cm、網目は黒褐色で子実層は灰褐色。
柄 8×1.6〜3cm、表面はしわ状、基部で溝状、粒状鱗片に覆われ汚黄色〜黄土褐色
   を帯びる、柄の中空部も粒状鱗片に覆われる。
肉 厚さ2〜前後、黄土色で弾力あり、臭気ある。
胞子紋 黄土色。

最近のブログ記事

キアシウラベニガサ(吉見仮)
アシナガイタチタケ
クロシワオキナタケ