ウラスジチャワンタケ

    s-ウラスジチャワンタケ(2-1).jpg s-ウラスジチャワンタケ(2-1) (1).jpg s-ウラスジチャワンタケ(2-1) (3).jpg s-ウラスジチャワンタケ(2-1) (2).jpg    

       

データ

ノボリリュウタケ科 Helvellaceae ノボリリュウタケ属
採集地陶器山標高140m
学名Helvella acetabulum
和名ウラスジチャワンタケ
環境・発生春〜初夏 林内路傍の地上で群生
採集年月日2009年3月27日食毒不食
標本あり
概要子嚢果 径1〜6cm、高さ1〜6cm、太い柄を有する椀形〜杯状で褐色〜淡褐色。
      柄は白色でしわひだがあり、しわひだは椀の外面の肋となり、細いしわ状
となる、椀の縁は微粉状。
子実層面は褐色〜淡灰褐色で平滑〜しわ状。