エビウロコタケ

    エビウロコタケ(7-1).jpg エビウロコタケ(7-1) (2).jpg エビウロコタケ(7-1) (3).jpg エビウロコタケ(7-1) (1).jpg    

       

データ

タバコウロコタケ科 Hymenochaetaceae タバコウロコタケ属
採集地丸山(長野公園)標高180m
学名Hymenochaete rubiginosa
和名エビウロコタケ
環境・発生広葉樹の倒木から発生
採集年月日2009年3月 7日食毒不食
標本あり
概要子実体 半背着生。
傘 幅2〜3cm、半円形で波形に屈曲し、表面は褐色〜黒褐色で幅狭い環溝がある。
子実層面 茶褐色〜ややブドウ色を帯びた褐色、小さい疣状の隆起を帯びる。
肉 硬くて折れやすい革質。

最近のブログ記事

アカモミタケ
アンプリストロマ属菌
カニノツメ

科目別