エゴノキタケ

    エゴノキタケ(10-1).jpg エゴノキタケ(10-1) (1).jpg エゴノキタケ(10-1) (2).jpg エゴノキタケ(10-1) (3).jpg    

       

データ

タマチョレイタケ科 Polyporaceae チャミダレアミタケ属   (旧)タコウキン科
採集地烏帽子形公園(河内長野市)標高180m
学名Daedaleopsis styracina
和名エゴノキタケ
環境・発生春〜秋 エゴノキ属枯木に限って発生(日本特産)
採集年月日2009年3月 1日食毒不食
標本あり
概要子実体 半背着生、背着上部がせり出し半円形。
傘 径2〜4.5cm、半円形〜棚状で放射状のしわがあり、表面は黄褐色・紫褐色・藍黒色
   の環紋がある。
子実層托 ひだ状〜迷路状で灰白色、孔長0.3〜0.5cm。
肉 薄く革質、類白色で皮下部は表面色。

最近のブログ記事

コブリビロードツエタケ
アマタケ
キアシウラベニガサ(吉見仮)

科目別